大切にしたい畑と食卓のつながり

座間の農地は小さい!

座間ゆたか農園が所在する座間市は、神奈川県下でも有数の小さな自治体であり、当然耕地面積も狭く、個々の農地も小さな区画が寄せ集まっています。

そんな地理的な条件もあり、当園は一般的な農家さんと比べれば家庭菜園レベルのミニマム農園であり、生産できるお米や野菜の量も限られています。

小さいからこそできること

しかし限られた面積で生産するからこそ、当園では「緑肥栽培」を中心とした、農薬や化成肥料に頼らない、子供から大人まで安心して食べられる野菜作りに取組んでいます(この栽培方針の組合せを「ずずなし栽培」と呼んでいます)

また、安心してお召し上がりいただける作物を畑から食卓へ直接お届けすること、それが小さい当園だからこそ「できること」だと考えています。

畑と食卓をつなぐために

安心安全はもちろん、お客様へ少しでも多くの「楽しみ」もお届けできるよう、当園では単品大量生産を避け、なるべく多くの品目を少量生産するよう心がけています。

小規模農園ゆえ、お届けできる総量には限界がありますが、1人でも多くのお客様へ当園の作物をお届けできるよう、誠心誠意を以て日々作業に励んでいます。

もしご縁がありましたら、当園のずずなし野菜をぜひお試しください!(※現在通販サイトは準備中です。申し訳ありませんが少々お待ちください。お急ぎのお客様は問い合わせフォームよりお知らせください。)